多職種協働で自宅へ帰る日

嘉誠会

介護老人保健施設ヴァンサンクは、ずっとそこで生活する施設ではなく、たくさんの専門職がチームをつくってお年寄りが自宅に帰ることができるよう働きかける施設です。
介護職、看護職、リハビリ(作業療法士、理学療法士、言語聴覚士)職、医師、ケアマネジャー、管理栄養士が、ご自宅等での生活を支援させていただくために全力で取り組んでいます。お年寄りが自宅に帰る日は皆、自然と笑顔になります。


〈全国老人保健施設協会ホームページより〉

フラワーアレンジメント

嘉誠会

「フラワーアレンジメント教室」を開催しました。

ベルコさんのご協力により、とても優雅で華やかな時間を過ごすことができました。
「ガーベラ」「カーネーション」などを皆さん思い思いに飾られ、とても個性的な作品ができました。
作品名も『光』『華やぎ』『ピユタ』など名前も個性たっぷり!
フロアがとっても華やかになりました。
また、来月の開催を心よりお待ちしております。

嘉誠会グループの居住系サービスの紹介☆

嘉誠会

今回は、嘉誠会グループの居住系サービスを紹介させていただきたいと思います。

現在、嘉誠会グループには住宅型有料老人ホームが3施設(ひまわりの家、パステル湯里、パステル針中野)とサービス付き高齢者向け住宅ヴァンサンクフルールがあります。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設などの介護保険施設では、すべてのサービスが施設内で行われる一方で、住宅型有料老人ホームおよびサービス付き高齢者向け住宅では施設に入居しながら、さまざまなサービスを利用することができるという自由度の高さが最大の特徴です。

入居者の皆様は、以前の記事で取り上げられている、「ヴァンサンクポルテ」や「ヴァンサンクポルテ平野」、「山本医院リハビリテーションセンター」をはじめとしたさまざまなサービスを利用し、素敵な日々を過ごされています。

嘉誠会グループでは自由度の高い特性を活かして、個々の入居者様に合ったサービスを展開しています。

各施設の入居のご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ひまわりの家

パステル湯里

パステル針中野

ヴァンサンクフルール

初収穫

嘉誠会

5月にご報告させていただきました「ヴァンサンク農園」で初収穫しました!

なんと、『キュウリが2本!』
採れたてを早速、たたきキュウリにして、美味しくいただきました。
利用者さん『40人』にキュウリが『2本!』
初収穫はあっという間でした。(あっという間に無くなりました)
とても美味しかったと大好評でした。
収穫量が足りなかったので、職員が内緒でご自宅からキュウリの差し入れをしてくださいきました。(笑)

第4回 ヴァンサンクカフェふれあい(認知症カフェ)を開催しました

嘉誠会

本日のプログラムは「脱水予防」「グーパー体操」「自己紹介」を中心に行いました。

脱水予防ではクイズ形式で問題を出し皆さんで考えながら脱水について学んでいきました。また、「水分補給に適している」「自宅で簡単に作れる」経口補水液を実演して作りました。

1.水500ml
2.塩1.5g(約小さじ1/3)
3.砂糖20g(大さじ2と少し)
4.飲みやすくするためにレモン汁やグレープフルーツを絞っていれる

このような経口補水液を飲んだことがある方は少なく、始めて飲む味に興味津々でした。

グーパー体操では「うさぎとかめ」の歌に乗せて、グーパーを交互に繰り返します。
始めは「胸の前ではグー」その後、「手を伸ばす時にはパー」にして行いました。だんだんとスピードを上げて行っても、皆さん間違えずに行えていました。
次に手の動きを、「胸の前ではパー」その後、「手を伸ばす時にはグー」と先程のポーズと逆にすると、不思議なことに間違える方が続出しました。
単純な動きなんですが少し変えるだけで難しくなってしまうんですね。ちょっとしたことですが、いつもと違う動きをすることが脳の活性化につながります。
本日は、東住吉オレンジチーム(認知症地域支援推進員)の方も参加され、今後カフェを運営するうえで参考となるアドバイスも頂戴しました。

次回は7月20日(木)に開催予定です
「夏バテを吹き飛ばそう」をテーマに行いますので
ご興味のある方は是非お気軽にご参加ください。