ポルテ平野の盆踊り!

嘉誠会

ポルテ平野です。
今年は8月24日、25日の二日間で、盆踊り大会開催しました!

ご利用者様も法被を着て、炭坑節や河内音頭を一緒に踊られました。

立って踊られる方、座って踊られる方、手拍子される方、いろいろおられました。

利用者様も職員もすごく楽しむ事が出来、本当に良かったです(^o^)丿

ご利用者様が一句
「意気揚々 ポルテ一団 盆踊り」

 

最後は、職員で集合写真☆★☆★

ポルテ平野の事をもっと知りたい方は、こちらも是非ご覧下さい☆

ポルテ平野ホームページ

 

支援相談員部会を開催しました。

嘉誠会

本日、大阪市南部に所在する介護老人保健施設の支援相談員部会を開催しました。

東住吉区や住吉区、阿倍野区や西成区、住之江区、平野区で運営している介護老人保健施設12施設・18名の支援相談員が一同に集まりました。
4つのグループに分かれ、ワールドカフェ方式でディスカッションしました。
介護老人保健施設では薬や一部の診療内容が介護報酬に含まれていることから、「医療レベルや服用されている薬等の制限の有無」や、介護老人保健施設の目的でもある「在宅復帰に向けての取り組み」、「医療機関への受診」や「フロアとの連携」、「相談員の配置人数」など多岐にわたる情報交換が行われ大変有意義な部会となりました。
 本日の部会に対するアンケートでは、「同じ相談員として話し合う機会がなかったので良い時間を過ごすことができました。」や「他の施設でも自施設と同じような問題を抱えており、今回の情報交換を通して問題解決ができた。」「自分の施設を客観的にみることができた。」「もう少し掘り下げて聞きたい内容もあったので、もう少し時間が欲しかった。」などのご意見をいただきました。
 複数の異なる施設で勤務する支援相談員同士が情報共有を図り、利用者様へより良いサービスを提供するためのディスカッションになったように感じました。

~ワールドカフェの様子~

スイカ 収穫!

嘉誠会

できました!! 苦節3年あまり。

あきらめず、毎年毎年チャレンジしました!
『プランターで スイカです!』
小玉スイカよりも少し大きめのスイカが 「4つ」(もう一つ成長中)
これがプランターで育ったとは思えないくらい『甘い!』
利用者さんから毎日毎日スイカに「大きくなりやー」と声をかけてもらい、沢山の愛情を注いでもらったおかげです。
大事に大事に育てて、なごりおしく、美味しく皆さんでいただきました。

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら

第6回ヴァンサンクカフェふれあい(認知症カフェ)を開催しました

嘉誠会

第6回 ヴァンサンクカフェふれあい(認知症カフェ)を開催しました

今回のプログラムは「世界にひとつだけの〔うちわ〕を作ろう!」をテーマに行いました。
本日は、少しでも涼しく感じていただくためにスタッフは浴衣を身にまとって行いました。
真っ白なうちわに「絵を自由に描いたり」「好きな言葉を書いたり」「ちぎり絵を描いたり」と、折り紙やはさみ、のりを駆使して、色々試行錯誤しながらも皆さんのセンスで描かれた「世界でひとつだけのうちわ」が完成しました。

「浴衣で夏らしく」
「近畿大学の学生さんも論文作成のために来設されました。」

第7回認知症カフェのご案内  (次回は9月21日です)
「誤嚥予防」をテーマに行いますので、ご興味のある方は是非お気軽にご参加ください。

たん歩々会 プール活動

嘉誠会

たん歩々会の活動で
長居障がい者スポーツセンターへ
利用者様7名スタッフ6名でプールに
行ってきました。
活動中は「浮き輪をつけて泳ぐ練習」をしたり、
「25mを一人で泳ぐ」など一人一人が
【自身で決めた目標】に向かって
活動をされていました。
活動後は、皆で集合写真を撮り、
夏の良い思い出となりました。

またいろいろな企画を考えていますので
詳しくはたん歩々会実行委員まで
↓↓↓

たん歩々会ご案内(ここをクリック)

パステル針中野 8周年祭

嘉誠会

平成29年8月で8周年を迎えるパステル針中野で8周年祭が行われました。

お寿司やそうめん、ちょぼ焼き(※)、かき氷などを食べたり、ハーモニカ演奏や手品を鑑賞したりし、祭りの最後には職員・入居者様で盆踊りを踊り楽しい時間を過ごしました。

これからも入居者様と一緒に楽しめ、笑顔のたえないパステル針中野であるために日々努力してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

※ちょぼ焼き・・・浅いくぼみのある銅板に水溶き粉を流し入れ刻んだこんにゃくや紅ショウガをのせて焼いたもの

また、入居のご相談も承っております。詳しくは下記のリンクから
↓ ↓ ↓ ↓
パステル針中野

車輌整備等に関する勉強会を行いました

嘉誠会

嘉誠会グループには、デイケアやデイサービス、入浴・機能訓練特化型デイサービス、認知症対応型デイサービス、ショートステイなどのサービスを提供しております。
 ご利用時には、一般車両や福祉車両(リフト車)等で送迎を行っており、介護技術に加えて安全に運転することが求められます。
 送迎業務に限らず、日頃から車の運転はしていてもエンジンルーム内の確認や、予期せぬ異常が生じた時に対応できない方も多いのではないでしょうか。
   「送迎先でパンクした時のタイヤ交換に備えて」
   「運転中に警告が表示された時、車はどのような状態なのか」
   「どのように対処すれば良いのか」
   「車輌の運行前にチェックすべき項目は」
   「あなたはエンジンオイルの確認はできますか」
 そこで、本日は日頃から嘉誠会の車輌を整備して頂いている整備士の方にお越し頂き、送迎業務を行う事業所が合同で「車輌整備と管理」に関する勉強会を行いました。
 これからも、安全に送迎することが出来るよう心がけてまいります。

住吉踊り

嘉誠会

以前、ブログでもお知らせしました大阪住吉大社に伝わる踊りである「住吉踊り」を子供達が老健施設前で踊って下さいました。
音頭取りが長柄の傘を持ってその柄を扇子で打ちながら歌をうたい,菅笠(すげがさ)をつけた僧形の四人の童子(人数不定の場合もある)が,その周りを団扇(うちわ)を打ちながら踊りまわる。古くは住吉代参の祈禱(きとう)のために神宮寺の社僧が各地を巡ったそうです。江戸時代には乞食坊主の願人坊主らが大道芸として全国に流布し、かっぽれ・万作踊りなどに影響を与えたとも言われております。
「住吉踊り」を披露してくださった子供達に感謝申し上げます。