第7回ヴァンサンクカフェふれあい(認知症カフェ)を開催しました

嘉誠会

第7回 ヴァンサンクカフェふれあい(認知症カフェ)を開催しました

本日は、『誤嚥予防について』をテーマに開催しました。
加齢に伴い筋肉が弱ってくると口の周りの筋肉や舌の動きが悪くなります。
そこで、当施設の言語聴覚士が誤嚥に陥ることになる原因とその予防方法等の説明を行った後、お口の代表的な体操の一つで、食べものを上手にのどの奥まで運ぶ一連の動作を鍛えるための「パ・タ・カ・ラ」体操(発声の運動)や「パタカラだけの歌詞」で〈キラキラ星〉・〈うさぎとかめ〉を歌いました。みなさん大きな声で発声されていました。

また、脳梗塞が原因で脳血管性認知症を発症し、当施設を以前ご利用されていた奥様を介護していた立場から、その旦那様が奥様の闘病生活や、介護されていた頃のお話をしていただきました。
旦那様曰く、認知症の方やその予防に限らず、私たちがいつまでも元気でいるためには
①冬場にマスクをして風邪を防ぐのと同じく、食事をする時にはお腹と相談して食べ過ぎには注意して下さい。
②歌を歌うなどして大きな声を出して口を動かして下さい。
③積極的に外に出て散歩をして下さい。
④若かりし頃を思い出して、時には夫婦で手を握ってお話をしてください。お一人の方も、色々な人が集まる場所に積極的に出向いて「恋」をしてください。外に出ることが困難な人も、テレビなどで好きな人を作って下さい。そうすることで、血流も良くなり大きな病気を防ぐことになると思います。
皆さんも、この四つのことに気をつけてください。と今までの経験を踏まえてお話いただきました。

最後に、みんなで〈夕焼け小焼け〉を合唱することになりました。
しかし、みなさん歌い始めると「夕焼け小焼けの・・・」 「赤とんぼ」??
何かが違う!「これ、赤とんぼや~!」(笑)
気を取り直して、「夕焼け小焼けで日が暮れて」と大きな声で合唱し、本日のカフェも楽しく終えることができました。

『誤嚥に陥る原因とその予防方法等』の講義の様子

言語聴覚士による「パタカラ体操」

『当施設を以前にご利用されていた奥様を介護していた立場から』

第8回 認知症カフェのご案内
次回は10月19日(木)に開催予定です。
「秋だよ!身体を動かそう!!健康体操」をテーマに行いますので、ご興味のある方は是非お気軽にご参加ください。

ヴァンサンク ポルテ6周年☆

kaseikai_admin

皆様のおかげで無事、6周年を迎える事が出来ました!

スタッフ一同心より感謝申し上げます。

これからも、人と人とが『 Porte = 扉 』をOPENし、出会い・語り・つながる場を提供し続けていきたいと思います!

日々精進してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します!

 

ただいま職員募集中です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

定期勉強会を行いました

嘉誠会

排泄ケアの基礎知識 〜スキンケアについて〜

今回は、株式会社リブドゥコーポレーション様から講師をお招きして「スキンケアについて」と題して勉強会を開催学しました。

私達のお肌は、弱酸性でお肌の生まれ変わりは28日周期だそうですが・・・。
28日周期は、20代の若い人のお話だそうで、高齢者の方はこの何倍もお肌の生まれ変わりに時間がかかるそうです。

高齢者の方は、お肌の生まれ変わりに時間がかかる上に、オムツの着用などによるお肌にストレスを与えることが多くなります。

そこで今回の勉強会は、
『お肌を守るための洗浄方法や予防など』を中心に学びました。

実践も交え、とてもわかりやすく学ぶことができました。
さぁ!明日からさっそく実践です!

『防災の日』である今日、嘉誠会グループ防災訓練を行いました

嘉誠会

嘉誠会グループでは、定期的に各施設・事業所合同で防災訓練を実施しています。

大規模震災が発生したことを想定して、まず自身の身を守る行動を繰り返し訓練してまいりました。
今回は、今までの訓練内容に追加して、貯水槽を活用した「水の確保」と、AC変換器と車輌を用いて停電時の「電源の確保」を試みました。
介護老人保健施設ヴァンサンクでは、震災時に備えて飲料水等のペットボトル等、一定量の備蓄はしておりますが、飲用以外にも水が必要な場面は数多く生じることを想定して、貯水槽に保管されている「水」を有効に活用できるよう、「貯水槽ではどの箇所から水を出すことが出来るのか」を確認したり、「1階に駐車している車輌から、4階の高さまで電気コードが届くのか」など、様々な検証を行いました。
 一方、サービス付き高齢者向け住宅ヴァンサンクフルールでは、車輌からの電源確保に加え、移動式発電機を用いた電源確保の検証も行いました。日頃、発電機を扱う機会の少ない職員も多いため、様々な疑問や質問、そして課題が見つかりました。
 各施設や事業所からは、大きな地震が発生した後、一定時間が経過した時に各施設や事業所での被災状況や負傷者、利用者の状況等の情報が介護老人保健施設ヴァンサンクに集約されてきます。いざという時には情報を共有して、異なる事業所で勤務する職員同士が連携を図ることができるよう、今後も訓練を重ねていきたいと思います。

「貯水槽から直接 水を確保する検証をしました」
「電気コードが地上まで届くかを検証しました」
「AC変換器でどのような電気機器が使えるのかを検証しました」
「自施設以外の施設や事業所から集約された被害状況を確認」