大阪名物たこ焼きパーティー

嘉誠会

本日は、介護老人保健施設ヴァンサンク4階フロアで「タコパ」(たこ焼きパーティー)を行いました。さすが大阪のおばちゃん達(職員も含みます)。慣れた手つきで『中はトロトロ』・『外はカリッ』と上手に焼いています。フロア内には、たこ焼きの美味しそうな香りが漂っています。丁度ほどよく焼けたアツアツのたこ焼きを大きな口を空けて「パクリ!!」途中からは、「チョコたこ焼き」や「あんこたこ焼き」、「キャラメルたこ焼き」なども登場!色々なアイデアのたこ焼きを焼いています。最後には、職員による「ロシアンたこ焼き」なんと、全員ワサビ入りのたこ焼きでしたー (>_<)

 
   美味しそうにパクリ!       「キャラメル味」試作中

実は、「全員」ワサビ入り!

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら

第1回運営懇談会を開催しました

嘉誠会

平成29年10月15日(日)13:30~パステル針中野6F食堂にて第1回運営懇談会を開催しました。

今回3組6名のご家族様に参加してくださいました

運営状況(入居状況・職員体制等)の報告、重要事項説明書に沿っての説明をし、改めてパステル針中野の体制を認識してもらいながら進行させていただきました。
また今後の取り組みについて、地域包括ケアとして、新たに立ち上げた定期巡回事業についての説明を行いました。

質疑応答時には意見カードに気になっていることや何かわからなかったことについて記入していただき、それらに回答させていただきました。

今後、寄せられた意見をもとに改善できる部分は改善し、利用者様にとってよりよい環境、サービスを提供できるよう努めていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

入居相談も随時承っております。お気軽にご連絡ください。
👉パステル針中野👈

褥瘡予防・ポジショニングの勉強会を行いました

嘉誠会

褥瘡は寝たきりなどによって、体重で圧迫されている場所の血流が悪くなったり、滞ることで、皮膚の一部が赤い色味をおびたり、ただれたり、傷ができてしまうことです。一般的に「床ずれ」ともいわれています。
私達は普通、無意識のうちに寝ているとき寝返りをうったり、長時間椅子に座るときはお尻を浮かせるなどして、腰やおしり等の同じ部位に長時間の圧迫が加わらないようにしています。(このような動作を「体位変換」といいます。)
しかし自分で体位変換ができない方は、体重で長い時間圧迫された皮膚の細胞に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなり、これにより「褥瘡」ができます。また皮膚の表面だけでなく、皮膚の中にある骨に近い組織が傷ついている場合もあります。
自分で体位変換ができない方や、長い期間寝たきりで栄養状態が悪い方、皮膚が弱くなっているような方は、圧迫だけでなく摩擦などの刺激が繰り返されることでも褥瘡になりやすいと言われています。
本日は、パラマウントベッド株式会社を講師にお迎えし、褥瘡を作らないための工夫や、基礎知識を高めるための勉強会を行いました。「褥瘡の有無」や「自分で体位変換ができるかできないか」等によって、様々なマットレスが用意されており褥瘡を作らない(悪化させない)ためには、どのようなマットレスを用いた方が良いのか、どのようなポジショニングが望ましいのか等、異なるマットレスに実際寝て色々なポジショニングを試みてその違いを体験しました。当施設でも要介護4・5の方の占める割合が数年前まで32%~35%でしたが、最近では47%~59%程まで増えてきているので、これからも施設内で褥瘡を作らないために努力したいと思いました。

ランチョンセミナー開催しました!

嘉誠会

山本医院で研修会を行いました。

不定期ではありますが、ランチタイムを利用して医師・看護師・薬剤師などの医療従事者が集まり月に2~5回程度ではありますが研修会を企画実施しています。

1つの事業所だけでなく、嘉誠会関連の複数の事業所の職種が嘉誠会の医療の質を上げるため事業所の垣根を越えて共に研鑽しています。

今回は、「神経障害性疼痛とその薬物療法」についてであり、痛みの原因や症状、またそれぞれの原因に対する治療法などを講義していただきました。

痛みは人にとって不快なものであり、取り除きたいと訴える方が多くいらっしゃいます。

しかし傷などの直接的なものから、目に見えない神経的なもの、精神的なものなど多岐に渡るのが現状です。

患者様の状態を“よく聴き”、“よく診て”、それぞれの状態に合わせた対応(薬の種類や量、服用するタイミングなど)をしていくことの大切さを改めて実感することができました。

その方にしか分からない痛みを理解しようとして、和らげる方法を模索する。

すごく難しいですが、患者様に少しでも良い医療を提供できるように日々研鑽していきたいと思います。

「RUN伴」参加しました!

嘉誠会

天候には恵まれませんでしたが、「チーム西中」から「チーム嘉誠会」にタスキが引き継がれスタートしました。ご利用者さんも『ファイト』と書かれた応援旗を片手に、「頑張ってー!」とエールを送っていました。皆さんの応援もあり、タスキリレーで担当する1㎞の区間を余り良くないコンディションの中、ビショビショになりながらも無事に完走することができました。ランナーとして参加してくださった方や応援してくださった方、中継場所の車輌を整備するなど、陰ながら裏方で支えてくださった方…。そんな多くの方々の想いがひとつとなり「タスキ」と「心」を繋ぐことができました。『認知症の人も、そうでない人も共に笑顔で暮らせるあたたかい地域』を目指して、「チーム隆生福祉会」にタスキをつなげました。

タスキが「チーム西中」から「チーム嘉誠会」へ

タスキを「チーム嘉誠会」から「チーム隆生福祉会」へ
RUN伴シャツを着た「なっぴー」(雨仕様)