お正月の準備

嘉誠会

介護老人保健施設ヴァンサンクでは、毎年正面玄関に職員で組み立てる門松を飾っております。門松は、お正月に歳神様が訪れるための依代(よりしろ)と言われています。
依代とは、神霊が依り憑く(よりつく)対象物のことで、神体などを指すほか、神域を指すこともあるそうです。
また、門松は「竹」が目立って主張しているので、主役は「竹」かと思っていましたが、どうやら違うようです。松飾りとも言われていますが、竹の周りにある『松』が主役だそうです。歴史的にも古く、平安時代から松を家に持ち帰る習慣が広まったようで、室町時代には現在のように玄関に飾ることが確立されたそうです。
 そして、門松は12月29日と12月31日に飾り始めてはいけません。29日は『二重九』というゴロになるのと、31日は歳神様を迎えるにあたり正月まで1日しかなく、『一夜飾り』『一日飾り』と呼ばれ避けないといけません。
 幸せをもたらしてくれる歳神様をお迎えして素晴らしい2018年を迎えることが出来ますよう願っております。

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら

第10回ヴァンサンクカフェふれあい(認知症カフェ)を開催しました

嘉誠会

第10回ヴァンサンクカフェ・ふれあいを開催しました。
今回はクリスマスも近いこともあり、嘉誠会グループ有料老人ホーム統括の小松さんにギターの生演奏をお願いし、クリスマスソングを参加者の皆さんと歌いました。
曲は『たき火、冬の星座、サンタが街にやって来た、ジングルベル、赤鼻のトナカイ、見上げてごらん夜の星』で、どの歌も皆さん耳にされたことがあるようで、身体が温まるほどの大きな声で歌いました。ギターの生演奏にも皆さんとても感動され喜んでおられました。
 その後、ホットコーヒーや紅茶、昆布茶、オレンジジュース等、お好きなドリンクを飲みながら参加者同士や職員との会話を弾ませました。(なんと今回は、以前カフェでご講話して頂いた方から「みかん」の差し入れをしていただき、皆さんで美味しくいただきました。)
 その後、一般的なビンゴでは物足りないので、『都道府県ビンゴ大会』を行いました。
4×4マスの紙に自分で思い浮かんだ都道府県を記入していただき、選んだ都道府県が縦・横・斜めに揃えばビンゴとなります。47都道府県の一覧表をご用意していたのですが、皆さん16県選ぶのに大変悩まれ「どこ書いたらええのか分からへん」「大阪は入れといたほうがいいよね」など、周りの方々と相談しながら16県を厳選していただきました。
 いよいよビンゴゲームのスタートです。47都道府県が書かれた紙の入ったBOXの中から、一人ひとり順番に引いて頂きました。すぐに「リーチ」になる方もいれば、1つも的中しない方などもおられ、ハラハラ・ドキドキとした展開で進みました。
 そして『大阪府』を引いた時に、「ビンゴ!」と大変嬉しそうな大きな声で教えてくださいました。その後も続々とビンゴが成立し、笑い声が絶えない楽しい都道府県ビンゴ大会となりました。ビンゴとなった皆さんには、職員手作りの「リースのキーホルダー」や「ツリーの飾り」等が全員にプレゼントされ、大変喜んでいただきました。
 また、カフェの最後には看護師長による血圧測定等の健康相談会も併せて行われました。

第11回 認知症カフェのご案内
来年は1月18日(木) 13:30より開催する予定です。
内容は「新年・初笑い体操」を実施する予定となっておりますので、皆さんのご参加を心からお待ち申し上げております。
今年も残すところ10日ほどとなりました。まだ少し早いかもしれませんが、今年1年間ありがとうございました。皆様、良いお年をお迎え下さい。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所の紹介

嘉誠会

株式会社ヴァンサンクでは、10月1日より新事業所である

「ヴァンサンク定期巡回・随時対応型訪問介護看護ステーション」を開設いたしました。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護とは、一日複数回の「短時間の定期巡回訪問」と、

ご利用者様からの通報により対応・訪問を行う「随時対応・随時訪問」を組み合わせたサービスです。

ご利用者様の心身の状況に応じた、必要なサービスを必要なタイミングで

必要な量と内容のケアを日中・夜間を通して提供することができるサービスです。

 

利用者様の願いや思いに寄り添い、地域の方々の健康で明るい暮らしを支えるため、

「地域包括ケア(医療・介護・予防・住まい・生活支援)」の構築を目指し、

地域に存在する様々なコミュニティ等と連携しながら、

その方らしい幸せな生活創りに貢献していくという基本理念に沿って、

利用者様に、より安心して暮らしていただくとともに、

住み慣れた街・家で最後まで生活できるようにご支援させていただきたく思います。

実際に使われているケアコール機
難しい操作もなく、ワンタッチでオペレーターに通報することができます

 

 

事業所の詳細・お問い合わせはこちら

ヘルパーステーションヴァンサンク中野を紹介します!

嘉誠会

ヘルパーステーション中野は、訪問介護員(ホームヘルパー)の事業所です。

ホームヘルパーの主な仕事は、ご自宅を訪問して利用者様の日常生活の援助を行います。

食事や排泄、入浴などの介助や洗濯や調理などの家事サポートなど、ご利用者様や介護をされるご家族の負担を軽減できるようお手伝いするのが私たちホームへルパーです。

 

ヘルパーステーション中野の職員は、みんな明るく元気で個性的です。

事務所内ではお花や観葉植物を育てており、花が咲いては皆で喜んでいます。

今は事務所にイルミネーションを飾り、日々癒されております。

そういった癒しは心の豊かさに繋がり、それが仕事にも表れるのではないかと考えております。いつも穏やかな気持ちでご利用者様と接することができるよう、働く場所としてより良い環境作りを心掛けております。

ミーティング時には意見交換や知識の共有、勉強会を開くなど、さらなるサービスの向上を目指し、皆で努力していきます。

ご利用者様の笑顔の為に、これからも元気いっぱい頑張ります!

ホームページはこちら→ヘルパーステーション中野

ヘルパーステーション平野移転

嘉誠会

~引っ越ししました~

 

平成29年11月25日土曜日にヘルパーステーション平野の事務所が移転しました!

前事務所から1分ほどしか離れていない為、当日は台車を押して、また送迎部の職員の方にも手伝って頂き無事終了。。。

のはずが、電話、インターネットが繋がらないというアクシデントもあり…

 

何の事務所が出来たのか興味深そうに窓から中をのぞいて下さる方も多い様です。

皆で心機一転頑張りま~す!!

※上部テントの看板がまだ完成していないので、新しく出来上がりましたらまた、お知らせ致します~

 

 

ホームページはこちら

→ヘルパーステーション平野HP