「レクリエーション介護士」の雑誌取材

嘉誠会

🍀みなさん、『レクリエーション介護士』ってご存じですか?🍀
近年の介護施設では、単に機能的回復や介護予防といったことだけではなく、高齢者に「喜びや生きがい」を感じていただくことが重要視されてきています。
「設備」「食事」といったサービスも大切ですが、レクリエーションが大きな可能性を秘めた分野であることは間違いありません。レクリエーションを通じて、スタッフが高齢者と向き合い、楽しみながら日々を過ごしていくことこそが、喜びや生きがいにつながると認知されはじめているようです。

当施設のデイケアでも「レクリエーション介護士」の認定資格を持っている職員が所属しております。レクリエーション介護士は、自分の趣味・特技を活かしながら、アイデアや着眼点によって、高齢者に喜ばれるレクリエーションを提供できる人材です。
そのため、歴史的背景を理解し、高齢者一人ひとりと向き合い、その人にあった最適なレクリエーションを提案することで、生きがい(高齢者の生きる喜びや楽しみ)を見いだしていくお手伝いをすることができます。

本日は、レクリエーション介護士の認定を行っている一般社団法人 日本アクティブコミュニティ協会に関連する「スマイル・プラスカンパニー」が発刊している雑誌(2018年9月発行)の取材がありました。参加された利用者様は、身だしなみを整え、紅を塗り、お化粧を直し少し緊張した面持ちで撮影に挑みます。今回のレクリエーションの内容は、流れる音楽を聞きながらチームでリズムに合わせ手を伸ばし身体を動かす「見た目も鮮やか!ゴム体操で残暑に負けない身体づくり」です。
いつものホールが写真スタジオに様変わりして、利用者様は普段の笑顔の中にも緊張されていることが伝わってきました。

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら

コンビネーション治療器導入!

嘉誠会

『超音波』と『電気刺激』の組み合わせ!

この度山本医院リハビリテーションセンターではコンビネーション治療器(超音波&電気刺激)を導入しました!

従来は、超音波や電気刺激を単独の機器がありそれぞれで行なっていましたが、㈱伊藤超短波からの新製品ということで検討に検討を重ね導入することとなりました。

これは超音波の「体の深いところまで温熱が伝わる」&電気刺激の「痛みの軽減」というそれぞれのメリットを活かして、より質の高い治療をすることが出来ます。

肩や腰、膝の痛みを抱えている方は一度医師やリハビリテーションの担当に相談してみてはいかがですか?

体の奥からじんわりと温まる感覚を体験することができますよ!

 

これからもリハビリテーションセンターは医療の発展(特にロボットや医療機器の性能)が著しい世の中において良いものを取り入れながら、質の向上を目指していきたいと思います。

 

山本医院リハビリテーションセンター

第12回ヴァンサンクカフェ・ふれあいを開催しました

嘉誠会

前回皆さんで行った「笑いヨガ」で一体感が生まれ、楽しんで頂けたようなので今回も笑いヨガを皆さんで復習しました。「どんなのだったっけ?」と皆さん忘れていることもありましたが、どんどん行っていくうちに「ああ、そうそう」と先月のことを思い出すことができました。思い出していくことも頭の体操になります。笑い声がカフェ全体に響き渡り、和気藹々とした雰囲気に包まれました。
笑いヨガで程よく身体も温まり、喉も渇いたので「カフェタイム」で休憩。休憩中も世間話などで話が止まらず、話し声・笑い声が絶えない時間になりました。

カフェタイム後は本日の本題、「認知症についてのミニ講義」です。
認知症の症状、予防、認知症の人への対応についてお話させて頂きました。認知症は「老い」に伴う病気の一つで、私たちの身近にある、ありふれたものです。ご自身の予防の為や、身近に認知症の方が居た場合の関わり方の為に知っていることが必要です。

*予防について*
・生活習慣を見直す(生活習慣病の治療、食生活の見直し)
・運動の習慣化(身体に負担のかからない程度の有酸素運動は有効です)
・脳の活性化(趣味や頭を使う活動を行う、人と交流する)

*認知症の人への対応の基本姿勢 “3つの「ない」”*
①驚かせない  ②急がせない  ③自尊心を傷つけない

*具体的な対応の7つのポイント*
①まずは見守る
②余裕をもって対応する
③声を掛けるときは1人で
④後ろから声をかけない
⑤相手に目線を合わせて優しい口調で
⑥穏やかに、はっきりした話し方で
⑦相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する
皆さん説明に対してメモをとったり、真剣に聞かれていました。

第13回認知症カフェのご案内

次回は3月15日(木)13:30から15:30までの開催です。
内容は「体操」「ゲーム大会」です。
おかげさまでヴァンサンクカフェ・ふれあいも開催一周年となりました。今後も皆様に楽しんで参加して頂き、地域の方々が気軽に立ち寄れるカフェを開催していきたいと思います。
皆様の参加お待ちしております。

介護プロフェッショナルキャリア段位制度『レベル4 取得!』

嘉誠会

介護プロフェッショナルキャリア段位制度とは・・・
■ これまでの資格制度で不足していた「実際にその現場で何ができるのか」という部分を補うため、「わかる(知識)」と「できる(実践的スキル)」の両面を評価します。
■ 成長分野である介護サービスの従事者に対して、「介護プロフェッショナル」のレベル認定が行われます。
■ 「介護プロフェッショナル」については、既存の国家資格制度や研修制度との関係も考慮し、特に、実践的スキルについて重点的に評価します。
■ エントリーレベルからプロレベルまで、7段階でレベル認定を行います(キャリア段位)。
■ 介護プロフェッショナルでは、まずレベル1からレベル4について基準をつくり、レベル認定を行います。

この度、介護老人保健施設ヴァンサンクで現状の最高レベルである「レベル4」を取得できました。今回取得したのはフロアチーフを務めている濱手厚志くんです。

レベル認定を受けるには、介護の基本となる移乗動作、食事介助からはじまり、介護計画作成、地域連携、リーダーシップなど約40項目をクリアしないといけません。1年かけて勉強しながら取得できました。本人は、「基本から勉強し直せた!」とやりきった感で答えておりました(笑)
介護老人保健施設ヴァンサンクでは、これで3人目のレベル4取得です。

ちなみに、全国でレベル4を取得している介護福祉士は585人。東住吉区内では6名で、そのうち、3人が当施設にいます。
これからも、どんどん勉強して介護技術を向上させ、利用者さんのお役に立ちたいと思います!
ところで、もうすぐお雛様。今年もフロアにお雛様が登場です。ちなみに、今回レベル4を取得した濱手くんのお誕生日は3月3日です。

 

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら

2018年も元気にスタートしました!

kaseikai_admin

はじめまして😄🌟!ヴァンサンク鷹合デイサービスです。
明るく元気な鷹合デイサービスが、2018年も元気にスタートしました!

ご近所の鷹合神社⛩に初詣に行き、今年の抱負や祈願をし、冷えた体を温めるために、みなさんでおしるこを作って食べました!(職員が一番喜んでいるという・・・😅(笑))

そして、毎年恒例の🦁ししまいの舞🦁もはじまりました!みなさんそれぞれ頭をがぶっ💥とかぶってもらったり、膝をがぶっ💥とかぶってもらったり、にらめっこ😝したりなどなど、今年も楽しい舞となっていました!

鷹合デイサービスは、毎日ご利用者様のペースに合わせて1日を過ごして頂けるようにしております。

その人らしさが花ひらく

あかるく笑える一日のお手伝いを

という理念を元に、職員も明るく元気に過ごしています!
お近くに来られた際は、ぜひぜひ遊びにいらしてください!
それでは、本年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます🍀

☆ヴァンサンク鷹合デイサービス☆

ポルテ平野の1月の季節行事

kaseikai_admin

ヴァンサンクポルテ平野に、獅子舞がやって参りました!

太鼓の音色に合わせて舞う獅子舞に、手や頭を噛んでもらい、
皆さん終始笑顔で楽しんでおられました。

もともと獅子舞には疫病退治の意味があり、
飢饉などを回避するため、盛んに行われていたそうです。

今年も1年皆様が健康で元気に過ごして頂けるようスタッフ一同祈念しております!!

☆ヴァンサンク ポルテ平野☆