五月人形を飾りました

嘉誠会
Pocket

 

桜も今週末には 満開になりますね。
老健では、本日 五月人形を飾りました。
五月人形に、兜をなぜ飾るんだという話題になり、「利用者の 皆さんも 男の子が強くなるからやろー」 やら、「家の力やろー」など 様々な意見がありましたが、最後には 知らんけどと、大阪人らしい回答されてました(笑)
調べてみると。。。

 

 鎧や兜を飾ることは武家社会から生まれた風習です。身の安全を願い神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりが由来しています。武将にとっては、自分の身を守る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味のある大切な宝物でした。

現在は、鎧兜が 身体を守るものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子供を守ってくれるようにとの願いを込めてかざります。
とのことでした。

皆さん、近からず遠からずやったと大笑いでした
一階のロビーにも飾ってますので、皆さまも遊びに来てください!