身体拘束廃止/事故防止 体験勉強会

嘉誠会
Pocket

昨日は、身体拘束の勉強会を行いました。
介護老人保健施設では、「介護保険法」により 身体拘束は 禁止されています。
ヴァンサンクにおいても、身体拘束は 行っておりません。今回の勉強会では、職員が高齢者疑似体験をすることによって高齢者の身体的変化を理解し、身体拘束(身体的、言動、精神的)への意識向上と高齢者の身体的特徴を知ることにより、事故防止を考えていきました。疑似体験セットです。セットの中のゴーグルを使用し 白内障の方の物の見え方が体験できます。

 

通常の見え方

白内障初期の見え方。

白内障、中度の見え方。

白内障重度の見え方。

あくまでも、個人差はあるようですが 職員も勉強し 理解しているつもりですが 実際体験すると、びっくりすることが多かったです。
体験することにより、私達が 思ってなかったことが 拘束につながるのでは?
言葉のかけ方も もしかしたら拘束になるのでは?
など 体験を通じてみんなで話し合いの場をもちました。

   

体験することにより 見えなかった事、気づかなかったこと 私達が出来ることなど沢山の意見がでました。
明日からのケアに活かしていきたいです!