第15回ヴァンサンクふれあい・カフェを開催しました

嘉誠会

まず、始めに1月より実施している笑いヨガからのスタートです。
5月なのに夏のような暑さですが、みなさんその暑さを吹き飛ばすぐらいの大きな笑い声をだして行ってくださいました。

体操終了後はカフェタイムへ。
汗もよくかかれたので、アイスコーヒーやオレンジジュースのご注文が多く、皆さんおいしそうに飲まれていました。何度も来られている方も多く、すっかり職員とも顔なじみとなり、楽しそうにおしゃべりしている姿も見られました。

その後は介護体験談として、
以前、当施設を利用されており18年間介護をされた旦那様による「妻の介護」と、当施設の療養担当係長による「母親の介護」の講話を行って頂きました。
妻の介護体験談として、くも膜下出血により奥様が倒れられ、ご自宅で看ておられましたが、だんだんと食事量も減り、ADLが低下していくのが見受けられ施設にご入所されました。その後リハビリなどを経てご自宅へ戻って生活されておりましたが、あの時を振り返り、あのまま自分1人で介護をしていたら自分自身が倒れてしまっていた。介護をするには1人で抱え込まず周りの協力が必要だとお話して頂きました。

 続いて、母親の介護体験談として当施設の療養担当係長がお話しをされました。仕事で介護をしている立場であったのに、「まさか自分の母親が・・・」という思いもあり、認知面が低下していってる事を受け入れられず、怒ってしまったり、きつくあたってしまうこともあったそうです。「介護の仕事をしているのに」という思いや、苦労することも沢山あったが、いろんな施設サービスを受け、家族同士で協力することで、今でもご自宅で母親の介護をしているとお話されていました。

ご参加された皆さんは、介護体験談ってこともあり、うなずいて共感する面もあったり、メモをとるなどして真剣に聞かれておりました。

次回のヴァンサンクカフェ・ふれあいは6月21日に開催です。
 内容としまして、当施設の施設長である山下隆史先生に「熱中症対策について」の講義を行う予定ですので、お気軽にご参加下さい。
季節はずれの暑さが続いていますが体調の管理にはお気をつけてお過ごし下さい。

身体拘束ゼロ・腰痛予防 勉強会

嘉誠会

本日は、勉強会でした。
ひとつ目のお題は『身体拘束ゼロ』です。講師は身体拘束ゼロ推進員の川村看護師です。
身体拘束といっても沢山の種類があります。今回はその中の「スピーチロック」でした。スピーチロックとは、「利用者様の行動を抑制し、制限する職員の声かけ」のことです。私達が何気ない言葉かけをしていないかなど、改めて考えさせられる時間になりました。

続いてのお題は、『腰痛予防』
介護職にとってはつきものの「腰痛」。リハビリテーション科から指導をうけ、自分の体をチェック! 歳には勝てなくなってきている職員も・・・。体のケアも怠らずに仕事をしていきたいと思います!

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら

懐メロ歌謡ショー

嘉誠会

この季節になると、毎年恒例の 『懐メロ歌謡ショー』の三枝尚子さんに来所していただきました。
今年は、三橋美智也さんの名曲をたっぷり聞かせていただきました。

今年で三枝さんもボランティア20周年ということで 利用者さんから感謝状と花束をお贈りさせていただきました。毎年ながら、涙を流される利用者さんも多くおられ 昔の思い出を私達にお話して下さる利用者さんもおられました。

三枝さん、来年も来てくださるお約束していただけました。来年も宜しくお願いします!

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら

『在宅強化型施設への変更』のお知らせ

嘉誠会

本日は、介護老人保健施設の区分についてお話ししたいと思います。
昨年、介護保険法で定められている介護老人保健施設の定義が変更され、「心身の機能の維持回復を図り、居宅における生活を営むことができるよう支援する」ことが明確にされました。運営基準の基本方針でも「居宅における生活への復帰を目指すものでなければならない」と改めて明確になりました。

 

 

平成30年4月の介護報酬改定では、介護老人保健施設の施設区分が更に細分化され、
「従来型」「加算型」「強化型」の3種類から、「その他型」「基本型」「加算型」「強化型」「超強化型」施設の5種類に区分されることになりました。
施設区分は、以下の10項目の実績に応じたポイント合計で区分されることになります。
①在宅復帰、②ベッド回転率、③入所前後訪問指導割合、④退所前後訪問指導割合、⑤居宅サービスの実施数、⑥リハ専門職の配置割合、⑦支援相談員の配置割合、⑧要介護4又は5の割合、⑨喀痰吸引の実施割合、⑩経管栄養の実施割合

当施設では、約6年程前から強化型を目指しておりましたが、今回上記のポイント合計が60を上回ったことから在宅復帰・在宅療養支援機能に対する評価で在宅強化型の要件を満たし、平成30年5月1日より「強化型老健施設」として運営することになりました。
また、今までは老健施設だけの施設区分であったものが、今回の改定では短期入所療養介護(ショートステイ)においても老健の施設区分に応じて分類されることになりました。

厚生労働省が社会保障審議会介護給付費分科会で示した資料では、平成26年6月の強化型老健は全国に187施設(8.3%)、約2年後の平成28年10月では245施設(13.6%)となっており、大阪府下では約183施設のうち、27施設(14.5%)となっております。全国的にも要件を満たすことができる施設は非常に少ないことからも、施設目標に向けてチーム一丸で取り組んで頂いた職員に感謝しております。

 

ご利用者様が、これからも安心して家に帰って暮らしていただけるよう、医療・介護・リハビリ・栄養・ケアマネ等の専門スタッフによるチームワークと創意工夫で、地域の皆様に愛され信頼される施設として、より一層、努力してまいります。
これからも、よろしくお願いいたします。

「在宅強化型施設への変更」のお知らせ 【ご利用者さま・ご家族さま・介護支援専門員さまへ】

(ご参考)老健って何だろう【老健の役割を分かりやすくご紹介します】

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら

第14回ヴァンサンクふれあい・カフェを開催しました

嘉誠会

前回に引き続き
まず始めに笑いヨガからスタートしました。
4回目となると皆さんしっかりと記憶されており、動きも滑らかになり笑顔も笑い声も溢れるものになっていました。

その後はカフェタイム
皆さん、コーヒーやオレンジジュースを飲みながら花見に行った話や体操のことなどいろいろとお話しされていました。

次に今回は創作として昔懐かしい新聞紙でまずは兜を作成。
さすがに皆さん作ったことがあるためか、折り方の見本を見ずに「あっ」という間に完成する方もいました。
もう一つは兜型のポチ袋の作成。
職員が見本を見せたながら実施しましたが、皆さん初めて折るためになかなか苦戦されて「えーわからへん」「ここどうするの?」など、質問しながらされてました。

(私達も練習で折りましたが、始めは中々うまく折れずに何度もやり直ししました。)
完成されると、「難しかったわー」「家でも折れるか心配やわ」「可愛いねぇ」などといろんな感想を言われていました。

指先を使うのは認知症の予防にも効果があります。簡単なものからでもいいので折って見てください。

第15回ヴァンサンクカフェ・ふれあいのご案内
次回は
5月17日(木)13:30から
笑いヨガと介護体験談を実施予定です。
皆さんの参加お待ちしております。

「阿波踊り」を踊りました

嘉誠会

毎年お世話になっております大阪さくらライオンズクラブの皆さまが阿波踊り「大阪天水連」の皆さまとご来所くださいました。
この時期になるとヴァンサンクは阿波踊り。本場の徳島では、お盆らしいですが、ヴァンサンクではこの時期が待ちに待った阿波踊りなんです。

太鼓の音に鐘の音。笛が奏でる何とも言えない心が躍る音とともに阿波踊りの「男踊り」登場。力強く踊った後、しなやかな「女踊り」。利用者さんはもちろん職員も釘付け。

見惚れる利用者さん続出。『最後に皆さんで踊りましょう!』の一言に皆さんノリノリで、普段は「歩かれへんねん!」っておっしゃる利用者さんが、阿波踊りの女性に手を繋いでいただくと、

ニコニコと立っておられました(笑)。これには職員もびっくりです。
最後は全員が入り乱れて踊り、皆さん汗だくでしたが、とても楽しい時間を過ごせました。

大阪さくらライオンズクラブの皆さま、大阪天水連の皆さま、ありがとうございました。

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら

第13回ヴァンサンクカフェ・ふれあいを開催しました

嘉誠会

今回も1月、2月に皆さんで行った「笑いヨガ」を行いました。「皆さん覚えていますか?」の問いかけに「どんなのだったっけ?」と皆さん忘れていましたが、前回と同様に行っていくうちに「ああ、そうそう!」と思い出され、皆さんの笑顔と笑い声が溢れる楽しい「笑いヨガ」となりました。
天気も良く、気候も暖かくなったこともあり、少し体を動かすだけでも軽く汗が出て、喉も渇いたところでカフェタイムにいたしました。

カフェ中には、もうすぐ見ごろとなる『桜の名所』について、皆さんにお聞きしました。
地元の今川沿いや、長居公園をオススメする方もいれば、奈良の吉野や兵庫の三田などの名所を教えてくれる方もいらっしゃいました。

その後「1年を振り返る」ということで、世間で起きた「時事クイズ」と「ふれあいカフェに関するクイズ」をしました。
時事クイズ(三択)では、「平昌オリンピックのメダル数は?」、「藤井聡太四段は何連勝?」、「東日本で販売が中止された明治のお菓子は?」等などバラエティーに富んだ問題が出題されると、「羽生くんやろ、小平さんやろ、カーリングやろ・・・」と相談しながら考える場面もみられました。中々難しい問題もあったので皆さん苦戦されておりました。

カフェクイズでは、「カフェメニューにないもの?」、「8月にみんなで作ったもの?」、「職員の名前?」などが出題され、馴染みもある為か正解する方が多かったです。
過去を思い出したりすることは、認知症の予防の1つとしても有効だと言われています。

昨年の3月23日にヴァンサンクカフェ・ふれあいを初めて開催し、今月で1周年を迎えることができました。 無事に1年迎えることが出来たのもいろいろな方のご協力があったおかげだと思っております。本当にありがとうございます。
今度も2周年、3周年を迎えれるように頑張って行きたいと思います。

第14回 認知症カフェのご案内

次回は4月19日(木)13:30から15:30までの開催です。
内容は「体操」「もの作り」です。皆さんのご参加お待ちしております。

「レクリエーション介護士」の雑誌取材

嘉誠会

🍀みなさん、『レクリエーション介護士』ってご存じですか?🍀
近年の介護施設では、単に機能的回復や介護予防といったことだけではなく、高齢者に「喜びや生きがい」を感じていただくことが重要視されてきています。
「設備」「食事」といったサービスも大切ですが、レクリエーションが大きな可能性を秘めた分野であることは間違いありません。レクリエーションを通じて、スタッフが高齢者と向き合い、楽しみながら日々を過ごしていくことこそが、喜びや生きがいにつながると認知されはじめているようです。

当施設のデイケアでも「レクリエーション介護士」の認定資格を持っている職員が所属しております。レクリエーション介護士は、自分の趣味・特技を活かしながら、アイデアや着眼点によって、高齢者に喜ばれるレクリエーションを提供できる人材です。
そのため、歴史的背景を理解し、高齢者一人ひとりと向き合い、その人にあった最適なレクリエーションを提案することで、生きがい(高齢者の生きる喜びや楽しみ)を見いだしていくお手伝いをすることができます。

本日は、レクリエーション介護士の認定を行っている一般社団法人 日本アクティブコミュニティ協会に関連する「スマイル・プラスカンパニー」が発刊している雑誌(2018年9月発行)の取材がありました。参加された利用者様は、身だしなみを整え、紅を塗り、お化粧を直し少し緊張した面持ちで撮影に挑みます。今回のレクリエーションの内容は、流れる音楽を聞きながらチームでリズムに合わせ手を伸ばし身体を動かす「見た目も鮮やか!ゴム体操で残暑に負けない身体づくり」です。
いつものホールが写真スタジオに様変わりして、利用者様は普段の笑顔の中にも緊張されていることが伝わってきました。

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら

第12回ヴァンサンクカフェ・ふれあいを開催しました

嘉誠会

前回皆さんで行った「笑いヨガ」で一体感が生まれ、楽しんで頂けたようなので今回も笑いヨガを皆さんで復習しました。「どんなのだったっけ?」と皆さん忘れていることもありましたが、どんどん行っていくうちに「ああ、そうそう」と先月のことを思い出すことができました。思い出していくことも頭の体操になります。笑い声がカフェ全体に響き渡り、和気藹々とした雰囲気に包まれました。
笑いヨガで程よく身体も温まり、喉も渇いたので「カフェタイム」で休憩。休憩中も世間話などで話が止まらず、話し声・笑い声が絶えない時間になりました。

カフェタイム後は本日の本題、「認知症についてのミニ講義」です。
認知症の症状、予防、認知症の人への対応についてお話させて頂きました。認知症は「老い」に伴う病気の一つで、私たちの身近にある、ありふれたものです。ご自身の予防の為や、身近に認知症の方が居た場合の関わり方の為に知っていることが必要です。

*予防について*
・生活習慣を見直す(生活習慣病の治療、食生活の見直し)
・運動の習慣化(身体に負担のかからない程度の有酸素運動は有効です)
・脳の活性化(趣味や頭を使う活動を行う、人と交流する)

*認知症の人への対応の基本姿勢 “3つの「ない」”*
①驚かせない  ②急がせない  ③自尊心を傷つけない

*具体的な対応の7つのポイント*
①まずは見守る
②余裕をもって対応する
③声を掛けるときは1人で
④後ろから声をかけない
⑤相手に目線を合わせて優しい口調で
⑥穏やかに、はっきりした話し方で
⑦相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する
皆さん説明に対してメモをとったり、真剣に聞かれていました。

第13回認知症カフェのご案内

次回は3月15日(木)13:30から15:30までの開催です。
内容は「体操」「ゲーム大会」です。
おかげさまでヴァンサンクカフェ・ふれあいも開催一周年となりました。今後も皆様に楽しんで参加して頂き、地域の方々が気軽に立ち寄れるカフェを開催していきたいと思います。
皆様の参加お待ちしております。

介護プロフェッショナルキャリア段位制度『レベル4 取得!』

嘉誠会

介護プロフェッショナルキャリア段位制度とは・・・
■ これまでの資格制度で不足していた「実際にその現場で何ができるのか」という部分を補うため、「わかる(知識)」と「できる(実践的スキル)」の両面を評価します。
■ 成長分野である介護サービスの従事者に対して、「介護プロフェッショナル」のレベル認定が行われます。
■ 「介護プロフェッショナル」については、既存の国家資格制度や研修制度との関係も考慮し、特に、実践的スキルについて重点的に評価します。
■ エントリーレベルからプロレベルまで、7段階でレベル認定を行います(キャリア段位)。
■ 介護プロフェッショナルでは、まずレベル1からレベル4について基準をつくり、レベル認定を行います。

この度、介護老人保健施設ヴァンサンクで現状の最高レベルである「レベル4」を取得できました。今回取得したのはフロアチーフを務めている濱手厚志くんです。

レベル認定を受けるには、介護の基本となる移乗動作、食事介助からはじまり、介護計画作成、地域連携、リーダーシップなど約40項目をクリアしないといけません。1年かけて勉強しながら取得できました。本人は、「基本から勉強し直せた!」とやりきった感で答えておりました(笑)
介護老人保健施設ヴァンサンクでは、これで3人目のレベル4取得です。

ちなみに、全国でレベル4を取得している介護福祉士は585人。東住吉区内では6名で、そのうち、3人が当施設にいます。
これからも、どんどん勉強して介護技術を向上させ、利用者さんのお役に立ちたいと思います!
ところで、もうすぐお雛様。今年もフロアにお雛様が登場です。ちなみに、今回レベル4を取得した濱手くんのお誕生日は3月3日です。

 

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら