RUN伴 2018

嘉誠会

RUN伴は、タスキをつなぐという「非日常な」体験・出会い・気づきから、認知症の人と一緒に誰もが暮らしやすい地域づくりを目指して年に1回開催されており、認知症の人や家族、医療福祉関係者が一緒にタスキをつなぎ、日本全国を縦断するイベントです。
今年は全国で10,355人のランナーが参加しており、日本だけでなく台湾での開催も今年で2回目を迎えます。当エリアでは、南港をスタートして長居公園を経由し、扇町公園までタスキをつなぐ担当です。嘉誠会チームも2度目の参加となります。今年は晴天に恵まれ、西中病院さんからタスキを受け取ったランナー達も次の中継ポイントまで快走することができました。

 

•大阪エリア
 【大阪1】10月27日(土)東大阪市~大阪市(扇町公園)
◎【大阪2】10月27日(土)大阪市(南港)~長居公園~大阪市(扇町公園)
 【大阪3】10月27日(土)高槻市~摂津市~吹田市~大阪市(扇町公園)
 【大阪4】10月27日(土)箕面市~豊中市~大阪市(扇町公園)
 【大阪5】10月28日(日)岬町、阪南市、泉南市、田尻町、泉佐野市、熊取町
 【大阪6】10月28日(日)貝塚市、岸和田市、和泉市
 【大阪7】10月28日(日)忠岡町、泉大津市、高石市、堺市
 【大阪8】10月28日(日)大阪狭山市、河内長野市、富田林市

   

第25回 南百夏まつりに出店しました

嘉誠会

平成30年8月4(土)地域で毎年開催されている『南百夏まつり』に参加させていただきました。初めて出店させていただいた模擬店では、〔はちみつ入り ベビーカステラ〕を販売しました。ステージでは、夕暮れコンサートと題して南百済レインボーバンド・湯里ブラスバンドによる吹奏楽演奏や少林寺拳法、コーラスやフラダンスなど様々な催しが行われ、子供達が日頃から練習を重ねた成果が披露されました。

 

少しでも美味しいベビーカステラが提供できるよう、老健ヴァンサンクの管理栄養士監修による生地作りから試行錯誤して綺麗に焼き上がるよう練習を重ねたことで職人並のベビーカステラに仕上がりました。17時から販売を開始しましたが、たちまちお客さんの行列ができ、焼き上がるまでお待ちいただくことになりました。
  

頑張って焼き続けましたが21時頃には用意した生地の殆どを焼き切って完売。お並びいただいた方々全員にお届けすることができませんでした。申し訳ございません (>_<)

 

今回参加させていただいたことで、毎年開催当日しか見えていなかった南百夏祭りが、実行委員の皆さまの事前準備や後片付け、詳細な打ち合わせ、地域の協力によって成り立ち、安全に開催されていたことを知ることができました。地域の皆さまや子供達、患者様やご利用者様と楽しい時間を過ごすことができました。

南百夏まつり!初出店!

嘉誠会

猛暑続きですが、皆様如何お過ごしでしょうか。
熱中症、脱水などは十分気をつけて下さいね。

さて、この暑さを吹き飛ばすイベントが8月4日土曜日に開催されます!
毎年恒例の「南百夏祭り」。今年は、第25回目になるようです。
歴史ある夏祭りに、なんと、嘉誠会も出店する事になりました!!!

模擬店を出すことも初めてですが、ベビーカステラを作る事も初めて。さて、どうなる事やら。。
と思っていたのですが、試作に試作を重ね、最高においしいベビーカステラを完成させる事ができました!
(自画自賛(^^;))

ぜひ、皆さん、この暑い暑い夏を乗り切る為に、熱い熱い夏祭りに遊びに来て
元気をもらって帰って下さいねヘ(^o^)/

※駐輪場がない為、自転車での来場は近隣住民の方のご迷惑となりますのでお控え下さいm(_ _) m

  

生地作りからチャレンジ!こんなに大きなボールに大量の生地。「ぐりとぐら」を思い出しました笑。

 

試作中。。。ビジュアルに問題あり(^^;) たこ焼き器でもトライ!しましたが、、、本当に難しい!

 試食もたくさんしました!味はなかなかいい感じにヘ(^o^)/

 ついに究極のベビーカステラが完成☆ハート型でかわいい!

はちみつ入りのハートベビーカステラ」欲しい方はお早めに買いに来て下さいね!

 

 

山本医院リハビリテーションセンター

ランチョンセミナー開催しました!

嘉誠会

山本医院で研修会を行いました。

不定期ではありますが、ランチタイムを利用して医師・看護師・薬剤師などの医療従事者が集まり月に2~5回程度ではありますが研修会を企画実施しています。

1つの事業所だけでなく、嘉誠会関連の複数の事業所の職種が嘉誠会の医療の質を上げるため事業所の垣根を越えて共に研鑽しています。

今回は、「神経障害性疼痛とその薬物療法」についてであり、痛みの原因や症状、またそれぞれの原因に対する治療法などを講義していただきました。

痛みは人にとって不快なものであり、取り除きたいと訴える方が多くいらっしゃいます。

しかし傷などの直接的なものから、目に見えない神経的なもの、精神的なものなど多岐に渡るのが現状です。

患者様の状態を“よく聴き”、“よく診て”、それぞれの状態に合わせた対応(薬の種類や量、服用するタイミングなど)をしていくことの大切さを改めて実感することができました。

その方にしか分からない痛みを理解しようとして、和らげる方法を模索する。

すごく難しいですが、患者様に少しでも良い医療を提供できるように日々研鑽していきたいと思います。

「RUN伴」参加しました!

嘉誠会

天候には恵まれませんでしたが、「チーム西中」から「チーム嘉誠会」にタスキが引き継がれスタートしました。ご利用者さんも『ファイト』と書かれた応援旗を片手に、「頑張ってー!」とエールを送っていました。皆さんの応援もあり、タスキリレーで担当する1㎞の区間を余り良くないコンディションの中、ビショビショになりながらも無事に完走することができました。ランナーとして参加してくださった方や応援してくださった方、中継場所の車輌を整備するなど、陰ながら裏方で支えてくださった方…。そんな多くの方々の想いがひとつとなり「タスキ」と「心」を繋ぐことができました。『認知症の人も、そうでない人も共に笑顔で暮らせるあたたかい地域』を目指して、「チーム隆生福祉会」にタスキをつなげました。

タスキが「チーム西中」から「チーム嘉誠会」へ

タスキを「チーム嘉誠会」から「チーム隆生福祉会」へ
RUN伴シャツを着た「なっぴー」(雨仕様)