「阿波踊り」を踊りました

嘉誠会

毎年お世話になっております大阪さくらライオンズクラブの皆さまが阿波踊り「大阪天水連」の皆さまとご来所くださいました。
この時期になるとヴァンサンクは阿波踊り。本場の徳島では、お盆らしいですが、ヴァンサンクではこの時期が待ちに待った阿波踊りなんです。

太鼓の音に鐘の音。笛が奏でる何とも言えない心が躍る音とともに阿波踊りの「男踊り」登場。力強く踊った後、しなやかな「女踊り」。利用者さんはもちろん職員も釘付け。

見惚れる利用者さん続出。『最後に皆さんで踊りましょう!』の一言に皆さんノリノリで、普段は「歩かれへんねん!」っておっしゃる利用者さんが、阿波踊りの女性に手を繋いでいただくと、

ニコニコと立っておられました(笑)。これには職員もびっくりです。
最後は全員が入り乱れて踊り、皆さん汗だくでしたが、とても楽しい時間を過ごせました。

大阪さくらライオンズクラブの皆さま、大阪天水連の皆さま、ありがとうございました。

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら

新メンバーが増えました!

嘉誠会

相談、悩み、疑問などお気軽に話しに来て下さい。

ケアプラン湯里では、1月より新メンバーが入り、ケアマネ6人体制となりました。

三人寄れば文殊の知恵と言いますが、倍の6人・・・。

皆様にとってはより良い支援が出来る体制が整ったと思っています。

介護のことで何か疑問や相談があれば、近所の友人に相談するようにケアマネの事務所で相談してください。問題の解決に協力できると思います。

 

ところで4月、桜の花をはじめ色とりどりの花が咲きだして、風景が色鮮やかになってきました。

ほんわかした気分で過ごすことが出来たらと思う反面、介護保険の法改定の時期ということで、ケアマネはそれに向けての、準備や勉強、いろいろな作業等忙しい時期でもあります。今年は、大きな法改定があったので、いつも以上にてんてこ舞いで・・・。

そんな中でも、ホッとする時間をもつために・・・またまた、利用者様の希望に添えず、落ち込んでいるときに・・・などおやつを食べながら、雑談をしたりして、息抜きの時間をもっています。

相談事をすることもあります。答えが出なくても、人に話すとなんだかスッキリします。

先日、研修で家族支援の勉強をしました。

利用者様が自宅で過ごすためにはご家族の協力が必要なこと、毎日の介護となれば負担が大きいことなどを再認識しました。

 

介護は、先が見えない苦しさもあります。長続きさせるためには息抜きも必要です。

楽しいこともないと、人間つぶれてしまいます。

幸せや楽しさは人それぞれですが、すごく大きなことをするのが気兼ねでも、ちょっとおいしいおやつとお茶を用意してホッとする時間をもってみるのもいいですよ。

小さな幸福を感じたり、相手がいれば愚痴を聞いてもらったりするだけで心が軽くなったりします。

 

ご相談、お話しはこちらまで☟☟

ヴァンサンク湯里

運営推進会議を行いました!

嘉誠会

平成30年3月28日(水)10時30分より「平成30年第2回運営推進会議」を開催致しました。会議の開催は平成29年3月1日にオープンして以降早くも6回目。今回は、ご家族様3名、町内会代表者様2名、地域包括スタッフ様1名、協力施設スタッフ様1名、ソレイユスタッフ3名の計10名での開催となりました。

ソレイユでの普段の活動状況をTVに映し出し見ていただいたり、スタッフ数、入居者数、事故発生状況、地域との連携、外部評価の調査結果、介護保険制度改定などの話題を取り上げ説明致しました。地域の皆様からは地域活動の予定や防災についてのアドバイスをいただき、また地域の皆さんの相談の窓口として期待してもらっている事など、たくさん勉強させていただきました。ご家族様からはソレイユへの要望や率直な意見、また感想をいただき、ソレイユの運営にご理解いただけていることに感謝するとともに身が引き締まる思いです。冗談や笑いもあり、あっという間の1時間半でした。

本当に皆さんに支えられ皆さんと共に歩んでいるソレイユ。入居者さんにやさしく思いやりのあるスタッフたちとともにこれからも頑張っていきます。

 

P.S おみやげにと作ったクッキー🍪
固かった。。。いや、固すぎた。残念!
否、笑いがおき、皆さん笑顔になりました(^▽^)

 

入居相談も随時承っております。お気軽にご連絡ください。
👉認知症高齢者グループホームヴァンサンクソレイユ👈

ひまわりの家 ~職員紹介~

嘉誠会

嘉誠会ブログをご覧の皆様こんにちは!

有料老人ホーム ひまわりの家です!

今回は今年1月から入職された新入職員Eさんの紹介をしたいと思います!

それではインタビューいってみましょう!

 

・ひまわりの家を選んだ理由は?

『応募の問い合わせや面接時の担当者の対応がよかったからです。』

 

・職場の雰囲気はどうですか?

『新入職員の私にも優しく声かけをしてくださり、明るい雰囲気だと思います。』

 

・仕事でのむずかしいことや大変なこと、また楽しいことは?

『介護はサービス業だと思っています。利用者様とその家族様に、不安感を与えない介護職員としての行動とはどうするべきか日々考えます。ヘルパーの資格をとってから今やっと9年目。未だに納得のいく答えは出ていません。毎日しんどいですが、利用者様が私の顔を見て安心してくれたり喜んでくれたりすると嬉しいです。毎日同じことをしているようで毎日違うところが、介護の仕事の楽しいところだと思います。』

 

以上、Eさんへのインタビューでした。

これからも利用者様も職員も誰もが笑顔であるひまわりの家であればいいなと思います。

入居相談も随時承っております。お気軽にご連絡ください。
🌻ひまわりの家🌻

第13回ヴァンサンクカフェ・ふれあいを開催しました

嘉誠会

今回も1月、2月に皆さんで行った「笑いヨガ」を行いました。「皆さん覚えていますか?」の問いかけに「どんなのだったっけ?」と皆さん忘れていましたが、前回と同様に行っていくうちに「ああ、そうそう!」と思い出され、皆さんの笑顔と笑い声が溢れる楽しい「笑いヨガ」となりました。
天気も良く、気候も暖かくなったこともあり、少し体を動かすだけでも軽く汗が出て、喉も渇いたところでカフェタイムにいたしました。

カフェ中には、もうすぐ見ごろとなる『桜の名所』について、皆さんにお聞きしました。
地元の今川沿いや、長居公園をオススメする方もいれば、奈良の吉野や兵庫の三田などの名所を教えてくれる方もいらっしゃいました。

その後「1年を振り返る」ということで、世間で起きた「時事クイズ」と「ふれあいカフェに関するクイズ」をしました。
時事クイズ(三択)では、「平昌オリンピックのメダル数は?」、「藤井聡太四段は何連勝?」、「東日本で販売が中止された明治のお菓子は?」等などバラエティーに富んだ問題が出題されると、「羽生くんやろ、小平さんやろ、カーリングやろ・・・」と相談しながら考える場面もみられました。中々難しい問題もあったので皆さん苦戦されておりました。

カフェクイズでは、「カフェメニューにないもの?」、「8月にみんなで作ったもの?」、「職員の名前?」などが出題され、馴染みもある為か正解する方が多かったです。
過去を思い出したりすることは、認知症の予防の1つとしても有効だと言われています。

昨年の3月23日にヴァンサンクカフェ・ふれあいを初めて開催し、今月で1周年を迎えることができました。 無事に1年迎えることが出来たのもいろいろな方のご協力があったおかげだと思っております。本当にありがとうございます。
今度も2周年、3周年を迎えれるように頑張って行きたいと思います。

第14回 認知症カフェのご案内

次回は4月19日(木)13:30から15:30までの開催です。
内容は「体操」「もの作り」です。皆さんのご参加お待ちしております。

たん歩々会総会をしました!

嘉誠会

226日にたん歩々会の総会をしました。

今年度の集団で行う活動(プール』・『梅田に行く』など)を5回、 

1人の想いを叶える活動(『吉本新喜劇の観覧』など)を3回行ないました。

今回はプロジェクターに写真を写し利用者様の活動をみてもらう事で、

実際の活動風景を知ってもらう機会を持つことができたり、

参加者との質疑応答を通して、来年度に向けての検討をする事ができました。

また今回は、例年より多くの方に参加をして頂けたことや

たん歩々会の総会では初めて実際に参加して下さっている、利用者様にも

お越しいただきました。

利用者様の生の声を聴くことで思いを知る事ができ、

来年度に繋がる充実した総会となりました。

今回の総会の様にいろいろな事にチャレンジをしていき、

たん歩々会スタッフだけでなく利用者様と一緒にたん歩々会の活動を

進めて行きたいと思います。

来年度も色々な活動を企画しているので参加をお待ちしております!!

☞たん歩々会とは?

🎎おひなまつり🎎

嘉誠会

3月3日(土)は🍑『桃の節句』🍑ということで

パステル針中野では、食堂にてひなまつりを開催しました。

昼食後に、「うれしいひなまつり」の童謡を入居者様と一緒に合唱しました。

ロールケーキを食べながら談笑し、楽しいひと時を過ごすことができました。

 

入居相談は随時承っております。お気軽にご連絡ください。
    👉パステル針中野👈

🌼花壇完成🌼

嘉誠会

以前の投稿から約5か月、ついにパステル湯里の玄関の花壇がついに完成しました!

ノースポールやパンジー、葉牡丹といった花たちが美しく配置され

とても素敵な花壇となっております。また、奥にはとても緻密に作られた箱庭が!

このような素敵な花壇を作ってくださったTさんに職員一同感謝申し上げます。

パステル湯里を訪れるときはぜひ、玄関の花壇をご覧になってくださいね。

入居相談も随時承っております。お気軽にご連絡ください。
👉パステル湯里👈

たん歩々会の活動「阪堺電車に乗ってみよう!」

嘉誠会

217日にたん歩々会の活動で

利用者様名スタッフ4名で阪堺電車に乗ってきました。

バリアフリーの車両も増えて、また以前に比べて段差も低くなっており、乗り降りが行いやすくなっていました。

久しぶりの阪堺電車で、

車内では昔話に華を咲かされていました。

またお店に到着し、1時間程度ではありますが

店内ではお抹茶やお茶菓子を購入したり、喫茶スペースにてかき氷・お抹茶など楽しまれました。

帰りも阪堺電車にて揺られ無事に帰宅しました。

「レクリエーション介護士」の雑誌取材

嘉誠会

🍀みなさん、『レクリエーション介護士』ってご存じですか?🍀
近年の介護施設では、単に機能的回復や介護予防といったことだけではなく、高齢者に「喜びや生きがい」を感じていただくことが重要視されてきています。
「設備」「食事」といったサービスも大切ですが、レクリエーションが大きな可能性を秘めた分野であることは間違いありません。レクリエーションを通じて、スタッフが高齢者と向き合い、楽しみながら日々を過ごしていくことこそが、喜びや生きがいにつながると認知されはじめているようです。

当施設のデイケアでも「レクリエーション介護士」の認定資格を持っている職員が所属しております。レクリエーション介護士は、自分の趣味・特技を活かしながら、アイデアや着眼点によって、高齢者に喜ばれるレクリエーションを提供できる人材です。
そのため、歴史的背景を理解し、高齢者一人ひとりと向き合い、その人にあった最適なレクリエーションを提案することで、生きがい(高齢者の生きる喜びや楽しみ)を見いだしていくお手伝いをすることができます。

本日は、レクリエーション介護士の認定を行っている一般社団法人 日本アクティブコミュニティ協会に関連する「スマイル・プラスカンパニー」が発刊している雑誌(2018年9月発行)の取材がありました。参加された利用者様は、身だしなみを整え、紅を塗り、お化粧を直し少し緊張した面持ちで撮影に挑みます。今回のレクリエーションの内容は、流れる音楽を聞きながらチームでリズムに合わせ手を伸ばし身体を動かす「見た目も鮮やか!ゴム体操で残暑に負けない身体づくり」です。
いつものホールが写真スタジオに様変わりして、利用者様は普段の笑顔の中にも緊張されていることが伝わってきました。

介護老人保健施設ヴァンサンクのホームページは→ こちら